矯正歯科について

現在の記事:矯正治療を始める時期 次の記事:治療方法と装置

矯正治療を始める時期

子どもの矯正 いつから始めたらいいの?~ 矯正治療の開始時期 ~

幼児期から学童期(成長発育期)の子どもたちの矯正治療をいつから始めたらいいのか分からないので、心配されて相談に来られる方が多くいます。ある歯科医院で相談したらすぐに始めた方がいいと言われたが、別のところではまだ早いと言われたりすることもあるようです。
現在この成長発育期の子どもたちの治療開始時期に関して、実際に矯正治療にたずさわっている歯科医(矯正専門医だけでなく、小児歯科医なども含めて)の中で共通の見解(コンセンサス)が得られているとはいえないのが実情です。

各々の特徴を説明します。

1.とにかくできるだけ早く始める。

できるだけ早く始める治療は、ひどくならないうちに早めに治しておこうという早期発見早期治療の考え方と相通じるものがあり、一見受け入れられやすいのですが、歯並びやかみ合せの不正は通常の病気とは異なり、一見増悪してくるように見えても、本来成長発育のなかに組み込まれている生まれもったものが成長とともに出現(顕在化)してくるパターンが多く、早く始めただけでは対処できない場合が多くあります。
2才ごろから矯正装置を入れたり、10年以上も装置をつけ続けていてもなかなか改善がみられない極端な場合もあり、矯正治療そのもののデメリットも考えて治療にあたりたいものです。

2.永久歯の歯並びやあごの成長発育を積極的にコントロール(成長発育の促進や抑制)しようとする治療を行う。

成長をコントロールすることは矯正医にとって永遠のテーマであり、もし可能であれば積極的に成長をコントロールする矯正治療を行いたいと誰しも考えています。
しかし現実的には、極めて精巧で複雑な成長発育を人間の手で簡単にコントロールすることは困難であり、一部の患者さんでうまくいくことがあったり部分的には可能ですが、成長期間を通してアゴや顔を含めて全体として人為的に完全にコントロールすることは不可能に近いと思われます。
やみくもに一律の治療を行うのではなく、矯正治療の限界も見極めたうえで、個々の患者さんにあった治療を行ないたいものです。

3.各々の患者さんの将来に渡っての成長変化を見極めた(予測した)うえで、個々の状態や状況に応じてその時期に必要なこと、できることを行う。

各々の患者さんの将来に渡っての成長変化を見極めた(予測した)うえで、個々の状態や状況に応じてその時期に必要なこと、可能なことを行うことは、患者さんひとりひとりに合った最適な治療を受けていただくために大切なことだと考えます。もちろん、必要であり可能であると判断された場合は、成長発育のコントロールも組み込んで治療を進めていきます。これは治療する側に高度な知識、経験、洞察力などが要求され、力量が問われますが、成長発育を扱う矯正治療には必要不可欠なものであり、質の高い矯正治療を提供できるように、与五沢矯正研究会でも絶えず努力していきたいと考えております。

「いつ始めたらいいの?」という問いに対して簡単にはお答え出来ないのですが、逆に言いますと、その判断は極めて難しくて様々な要素を含んでいることになります。実際の臨床の場では、多くの要素を熟考したうえで患者さんと相談しながら決めていくことになります。
実際に治療される場合は、担当される先生とよくご相談のうえで、成長後の好ましい永久歯の歯並びやかみ合わせを目標にして、将来的な成長の予測のもとに、現時点で必要なこと、可能なこと、その内容と期間、費用、治療そのもののリスク等を充分に検討されたうえで、「いつ始めるのがいいのか」を決めていかれることをお勧めします。

矯正治療は、何歳になったから始めなくてはいけないというものではありませんし、ましてや初めて受診されたときが治療開始のときなどでは決してありません。

現在の記事:矯正治療を始める時期 次の記事:治療方法と装置