出版書籍のご案内

MONOGRAPH OF CLINICAL ORTHODONTICS 1巻〜10巻の主な掲載内容

1979年 第1巻

与五沢文夫 Case evaluationについて(要約)

1980年 第2巻

与五沢文夫 こんなときどうするか
曽根 静男 Office managenentの中でのtechniqueの割合

1981年 第3巻

与五沢文夫 Class IIIあるいは反対咬合治療のmechanism
下山 浩市 非抜歯による下顎前突の治験例について
石川 保英 名古屋矯正歯科診療所の紹介と医療法人について
有本 隆行 私のオフィスマネージメント

1982年 第4巻 編集:下山浩市 若松進治

与五沢文夫 A点について
佐藤 莞爾 下顎前突症の治療に用いるフレンケル装置(FR III)について
澤 秀一郎 反対咬合者の顎顔面成長

若松 進治

上下顎前突の治験例について

【Case report】

下山 浩市 アングルII級1類の症例
織田紘太郎 反対咬合者の非抜歯による一治療例

1983年 第5巻 編集:下山浩市 若松進治

与五沢文夫 頤について
両川 弘道 骨成長と顎発育について
安永 博 私のデンタルオフィスオートメーションシステム
町田 昌樹 II級1類診断・治療についてのあれこれ
西巻 秀樹 骨格に起因する2症例
白井 敏雄 骨格系下顎前突の不全症例
織田紘太郎 上顎前突症の治験例

1984年 第6巻 編集:下山浩市 若松進治

若松 進治 下顎骨の唇舌的厚さについて
晝間登喜男 顔面高についての一考察
藤村 芳博 Facebow Type Headgearによる上下顎関係の変化について
織田紘太郎 熱処理がワイヤに与える影響について
三瀬 駿二 N点とANBについて

【Case report】

青木 敦子 上下顎前突の症例について
小島 敏嗣 下顎骨の偏位を伴う交叉咬合の治験例
杉山 道男 マキシラリーキャップを使用した連続抜去の一症例について
清水 義之 開咬の治療例

1985年 第7巻 編集:下山浩市 若松進治(本号よりISSN 0911-8632取得)

【原著】

与五沢文夫 矯正治療による軟組織の変化について
The soft tissue profile change concurrent with orthodontic treatment
伊藤 正彦 軟組織と硬組織-力学的な環境の変化に対するその順応についての考察-
The relationship between hard and soft tissues
—Considerations on the relations of hard and soft tissues caused by the change in their environmental dynamics—
土持 正 日本人女性の好まれる側貌について
The "Acceptable Face" of Japanese female
和田 薫 矯正治療と咬合平面の関係
The relationship of orthodontic treatment and occlusal plane

【臨床】

晝間登喜男 成人骨格性下顎前突の一治療例
A case report of an adult skeletal mandibular protrusion
鳥巣 秀男 機能的反対咬合の治験例
Functional anterior crossbite
黒田 孝雄 あやまった治療により歯槽骨吸収を起こした症例について
A case report on alveolar bone resorption by orthodontic mistreatment
長竹美恵子 矯正臨床医とう蝕とのかかわりあい -一地方矯正医の立場から-
Orthodontic treatment related to carious teeth

1986年 第8巻 編集:下山浩市 若松進治 / 小長谷一夫

【原著】

下山 浩市 反対咬合の治療による側貌の変化について
The profile changes concurrent with anterior crossbite treatmet
清水 潔 顔面形態のパターン認識におけるハイポロジクス
Hypologics of Facial Pattern
兼元美代子 上顎大臼歯の圧下を目的としたトランスパラタルバーについて
Trans palatal bar for intrusion of upper molars
森 康典 外科手術後の硬軟両組織の形態変化について-その予測と対策-
The chronological changes of hard and soft tissue after surgical correction
—prediction and prevention—
筒井 照子 矯正治療と顎,口腔系の安定について
Orthodontic treatment (M.T.M.)for the stabilization of oral function

【臨床】

田島 寛廸 骨格性上顎前突症例
A case report of skeletal maxillary protrusion
両川 弘道 下顎前突の予後
Retention of skeletal mandibular protrusion
瀧本 正行 アングルII級1類の1症例
A case report of Angle class Ⅱ division 1 .

1987年 第9巻 編集:下山浩市 若松進治 / 小長谷一夫
(和文誌名「矯正臨床」略称「Monog.Clin.Orthod.」A4判に変更)

【原著】

与五沢文夫 転医症例の問題点と対応-II級症例から-
Problems encounterd in transferd cases and their countermeasur
福田 滋 犬歯遠心移動の際に生じるフリクションの影響について
The effects of friction caused by canine retraction
山地 正樹 不正咬合者の顆路の立体的研究
The 3-dimensional study on condylar path of malocclusion
坂井 正彦 乳歯列反対咬合における下顎第一乳臼歯の低位化について
Infraocclusion of deciduous first molar in anterior crossbite
白井 敏雄 矯正治療による歯根吸収の臨床的観察
Clinical observations of root resorption by orthodontic treatment

【臨床】

兼元 廣明 矯正治療中舌癖により開咬を呈した症例-パラタルバーを用いて-
A case of open bite with tongue thrust during active treatment — Application of trans palatal bar —
佐藤 莞爾 アングルIII級の1症例
A case report of Angle class Ⅲ malocclusion .
本間 研 開咬症例に対するハイプルヘッドギヤの応用
Application of hi-pull headgear in the open bite case

1988年 第10巻 編集:下山浩市 若松進治 / 小長谷一夫

【10周年記念講演会特別講演】

与五沢文夫 矯正治療の限界とその可能性-20年間の臨床経験から-
Orthodontic treatment;it boundaries and potentials
三谷 英夫 下顎骨成長に対するチンキャップ整形力の効果を顧みる
A review on the effects of chincap orthopedic force to the growth of mandible

【臨床】

晝間登喜男 アングルII級上下顎前突の一治験例
A case report of Angle class II bimaxillary protrusion
安永 博 非抜歯による上顎前突の一治験例
A case of report of maxillary protrusion treated with non-extraction therapy
清水 義之 早期治療にマキシラリースプリントを使用した上顎前突の一治験例
A non-extraction case of Angle class II div.I used maxillary splint in early treatment
小島 敏嗣 中年者における上下顎前突治験例
A case report of a middle-aged adult with bimaxillary protrusion