出版書籍のご案内

MONOGRAPH OF CLINICAL ORTHODONTICS 31巻(2009年)の主な掲載内容

【 SYMPOSIUM 】

High angle caseでみられる下顎の時計方向の回転は生理的な方向の変化なのか?
竹山 雅規 /中村 順一 High angle caseについての文献的考察
A review of literature about high angle case
森田 修一  /中村 順一 High angle caseについての文献的考察
A review of literature about high angle case
竹山 雅規  /中村 順一 上突咬合の治り方  ―下顎が回転した症例と回転しなかった症例の比較―
Treatment outcome of protruding upper bite cases -Morphological comparison of cases with or without mandibular rotation-
金井 鐘秀 成人の上突顎、叢生歯列弓の一治験例
A case report of protruding upper jaw and crowding arch in adult patient
澤田 美穂 上突咬合・下後退顎・叢生歯列弓の一治験例
A case report of protruding upper bite, receding lower jaw and crowding arch
中村 順一 ハイアングルケースの下顎の回転についての一考察
A study about mandibular rotation of high angle cases
和島 武毅 ハイアングルを伴う上突咬合、下後退顎症例
A case of protruding upper bite, retruding lower jaw with high angle

【シンポジウムディスカッション】

High angle caseでみられる下顎の時計方向の回転は生理的な方向の変化なのか?
与五沢文夫 / 金井 鐘秀 / 大野 秀徳 / 有松 稔晃 / 池 元太郎 / 中村 順一 / 竹山 雅規 / 和島 武毅 / 森田 修一 / 齋藤 卓麻 / 星  隆夫

【CLINICAL ARTICLES】

松田 充博  /夕田 勉 動的治療終了後に偏位咬合となり、再治療を行った症例
A report of the case which is given a re-treatment for appearance of diverted bite during the retention phase