出版書籍のご案内

MONOGRAPH OF CLINICAL ORTHODONTICS 32巻(2010年)の主な掲載内容

【 SPECIAL ARTICLES 】

有松 稔晃 「矯正治療のその後」から
A Consideration of “after orthodontic treatment”
藤田 邦彦 矯正治療後および正常咬合者の長期観察
Longitudinal study in case with normal occlusion and after orthodontic treatment
竹山 雅規  /金山 潔 矯正治療後の長期経過についての文献レビュー
A review of literature about long term changes after orthodontic treatment
廣島 邦泰 発生学組織学的見地から読み解く隠された秩序
Implicated order that is read from embryology histology viewpoint
妹尾 葉子 「ものの見方」を考えるー模型における歯の動きから
How to consider “the way of understanding of the matter” ?  ―from the changes of teeth movement on models
原 省司 拡大された下顎歯列の長期経過観察を通して有機体を考える
A study of organism through long-term follow-up of expanded mandibular dental arch
三瀬 駿二 後戻りについて考えるー隠された秩序と説明のモデルー
A consideration of relapse―implicated order and explanatory model
深町 博臣 成人開咬合症例の一治験例―保定終了後10年の変化からの考察
A case report of adult open bite Retrospective discussion based on chronological change after 10 years out of retention

【CLINICAL ARTICLES】

丹田 薫 叢生を伴う過蓋咬合の一治験例
A case report of deep bite with crowding
坂東 智子 片側の下顎頭に変形性関節症を有する上突咬合、下後退顎の一治験例
A case report of protruding upper bite / receding lower jaw with Temporomandibular Degenerative joint Disease