出版書籍のご案内

MONOGRAPH OF CLINICAL ORTHODONTICS 33巻(2011年)の主な掲載内容

【 SPECIAL ARTICLES 】

星  隆夫 日本人の叢生の発生機序に関する考察
Causes of Japanese crowding
関  康弘 小さな個体から「隠された秩序」を読み解くことの困難さ
It is difficult to clarify the order lurked in a young individual
有松 稔晃 「矯正治療のその後」から 第二報 主として犬歯間幅径の変化について
A Consideration of "after orthodontic treatment" Part II It is mainly focusing on the change of the inter canine width
妹尾 葉子 混合歯列期に早期治療を行った下突咬合2症例のその後 ー「ものの見方」の観点からー
The full account of two protruding lower bite cases, treated in mixed dentition - Stand at the point of "the way of understanding of the matter" -
長沼 一雄 舌癖が認められる中立咬合、叢生歯列弓症例
A case report of neutral bite, crowding arch with tongue thrusting

【CLINICAL ARTICLES】

福留 由貴 中立咬合・両突歯列・叢生歯列弓の一治験例
A case report of neutral bite, protruding dual dentition, crowding arch
高松 威志 下突咬合の一治験例
A case report of protruding lower bite