出版書籍のご案内

MONOGRAPH OF CLINICAL ORTHODONTICS 36巻(2014年)の主な掲載内容

【 ORIGINAL ARTICLES 】

大野 秀徳 成長期の上突咬合を再考する
A consideration of protruding upper bite cases in adolescence
澤田 美穂 成長期の上突咬合・過蓋咬合症例の10年間の治療経過を顧みて - Headgearの必要性を再考する
- Looking back to orthodontic treatment progress of a growing patient with protruding upper bite and deep bite in 10 years. - Necessity of headgear is reconsidered -
浜崎 広二郎 ー その三次元的構造認識およびシステム認識と矯正治療 ー
Consideration of diverted jaw - Cognition of three dimensional structure -

【 CLINICAL ARTICLES 】

三瀬 泰 下突咬合の一治験例
A case report of protruding lower bite
福井 忠雄 小臼歯4本の欠損を伴う成人の下突咬合・下突顎の一治験例
A case report of adult skeletal Class III malocclusion with crowding and missing four premolars
山口 賢 成人の交叉咬合・偏位咬合・叢生歯列弓の一治験例
A case report of posterior cross bite diverted bite with crowding arch in adult patient

【 SPECIAL ARTICLES 】

栗田 浩 顎関節症をわかりやすく考える Easy to understand temporomandibular disorders

【 与五沢矯正研究会抄録より 】

第35回与五沢矯正研究会抄録より
第36回与五沢矯正研究会抄録より