成長発育がある永久歯列期の上突咬合症例

治療担当者:関 康弘 せき矯正歯科医院

上突咬合

治療前 Before Treatment

顔貌

口腔内

治療後 After Treatment

顔貌

口腔内

治療前 Before Treatment

治療方針

・出っ歯を主訴として、一般歯科医院からの紹介で来院。
・上顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二小臼歯を抜歯。
 下顎の成長発育については、前方よりは下方優位と予測し、
 上突咬合については、上顎前歯を十分に後退させる方針
・スタンダードエッジワイズ装置とヘッドギアにより治療。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療後 After Treatment

治療経過 概要

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療前後の比較(セファロの重ね合わせ)

治療結果

・下顎の成長発育については、前方よりは下方優位であった。
・矯正家による人為的な影響により、下顎は時計方向に回転したが、
 治療で挺出した下顎大臼歯が保定観察中に復元方向に変化したことと、
 保定観察中の下顎の成長発育があったおかげで、下顎は再び反時計方向に回転して、
 もともとの下顎下縁平面角に落ち着いた。
・もともと下顔面は、硬組織の垂直的長さに対して軟組織の長さが不足しているタイプであったが、
 保定観察中の下顎の成長発育があったおかげで、口元の状態は治療直後よりは、
 保定終了時のほうが改善されている。

治療経過 Progress

保定 After Retention or During Retention

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

患者情報
咬合分類とコメント 上突咬合

・側貌は奥行きがない。口唇閉鎖寺には口腔周囲筋の緊張を伴う。
 とくに下顔面は、硬組織の垂直的長さに対して軟組織の長さが不足している。
抜歯部位
4 4
5 5
治療開始時年齢・性別 13歳0ヵ月 ・ 女性
動的治療期間 2年3ヵ月