下顎を意図して時計方向に回転させて治療した症例

治療担当者:星 隆夫 星歯科矯正

上後退顎 下突顎 叢生 下突咬合

治療前 Before Treatment

顔貌

口腔内

治療後 After Treatment

顔貌

口腔内

治療前 Before Treatment

治療方針

主訴は下突咬合の改善。患者は専業主婦で入院はできないのでオペは希望せず、矯正単独での治療を希望された。
治療目標は下突咬合、叢生歯列弓の改善、上顎左右側第二小臼歯、下顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二大臼歯の抜歯が必要と判断。
3級ゴムを使用し上顎大臼歯近心移動と挺出を行う。同時に下顎前歯の後退、下顎大臼歯のアップライトの固定源とする。
3級ゴムにより咬合平面を反時計回りに、下顎下縁平面を時計回りに意図的に回転させ著しい3級関係を改善することとした。

Chief complaint was protruding lower bite. The patient did not choose orthognathic surgery. So She treated orthodontic treatment with extraction of UR5,UL5,LR4,LL4,LR7 and LL7. Maxillary molars were extruded by Class III erastics. Simultaneously lower anterior teeth were moved lingually and Lower molars were let upright. Occlusal plane rotated counter clockwise and mandibular plane rotated crockwise. As a result the Class III relationship was corrected.

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療後 After Treatment

治療経過 概要

患者さんは反対咬合を主訴に来院,
上顎が小さく,過度に下顎骨が大きいため前歯部のかみ合わせが逆の反対咬合になっている,
通常では上下の顎の手術を行い反対咬合を改善する程度のすれであるが
患者さんは子育て中の主婦で入院はできないということで矯正治療単独で治療を行った.
上の顎の5番目の歯,下の顎の4番目と7番目の歯を抜歯して治療を行った.
患者さんが顎間ゴムを十分使用していただいたので満足いく治療結果が得られた.

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療前後の比較(セファロの重ね合わせ)

<左図>
治療前後のS-SNでの重ね合わせ(黒線は35歳8ヶ月、破線は38歳8ヶ月)

<右図>
治療前後の上下顎骨および軟組織の重ね合わせ(黒線は35歳8ヶ月、破線は38歳8ヶ月)

治療結果

上顎前歯は少し唇側に傾斜している。
上顎大臼歯は挺出しながら近心へ移動している。
下顎前歯は挺出しながら舌側へ移動している。
下顎大臼歯はアップライトして、歯冠は数ミリ遠心へ移動している。
3級ゴムの効果により咬合平面は反時計回りに回転、下顎下縁平面は時計回りに回転し3級関係の改善に寄与している。
Treatment result
The upper anterior teeth were a little inclined labially. The upper molars moved mesially and extruded. The lower anterior teeth moved lingually. As a result plus ovejet was accomplished.

矯正専門医は横顔のレントゲン(セファロ)を撮ります。
それは患者さんのかみ合わせの成り立ちを知るためです。さらに治療前後のレントゲンをトレースし,重ね合わせて治療によりどのような変化が起きたか検証します。
歯がどのように動いたか?顎はどのように動いたか?治療後にこのような評価をすることでその治療結果を次ぎに直す症例に生かしていくことができます。
重ねあわせをしないということはどのように直ったかわからないということです。それでは矯正治療の質は向上していきません。
この症例では上の前歯が少し前に出て,下の前歯は後ろに後退しています。主に,この動きにより前歯の反対咬合が改善しています。
患者さんにIII 級ゴムを使用していただいたので上の臼歯は前方に移動しながら下方向に伸び出ています(挺出しています)。
この動きに応じて下の顎は後下方に回転し顎の先(オトガイ)は治療前より後ろに下がっているので側貌の改善に寄与しています。
この動きも反対咬合の改善に有利に働いています。
我々はこの変化を意図して行っています。たまたまの結果ではありません。経験の蓄積によりそれが可能になりました。

治療経過 Progress

保定 After Retention or During Retention

マルチブラケット撤去後18ヶ月の保定中でも被蓋は維持している。
下顎右側犬歯遠心にスペースが生じているが、患者さんは今のところ再治療を希望していない。

マルチブラケット装置を撤去した後にリテーナーを装着し様子を見ます。写真は18か月後のものです。
反対咬合は再発していません。
上下の歯はきちんと咬んでいます。
下の歯列弓に隙間ができてきました。
再治療を提案しましたが,患者さんはこのまま様子を見ることを選択されました。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

患者情報
咬合分類とコメント 下突咬合・叢生・下突顎・上後退顎、

Protruding lower bite with crowding, Caused by receding upper jaw and protruding lower jaw . So-called skeletal Class III .
抜歯部位
5 5
7 4 7 4
治療開始時年齢・性別 35歳8ヵ月 ・ 女性
動的治療期間 2年9ヵ月