混合歯列期における下突咬合、第一段階治療、第二段階治療、非抜歯で終えた症例

治療担当者:与五沢 文夫 よごさわ歯科矯正

非抜歯 過蓋咬合 下突咬合

治療前 Before Treatment

顔貌

口腔内

治療後 After Treatment

顔貌

口腔内

治療前 Before Treatment

治療方針

 混合歯列期における下突咬合、第一段階治療で上顎を拡大し、第二段階治療において非抜歯で終えた症例、第一段階の治療は、乳歯早期喪失により発育が取り残こされたと判断し、相対的に狭い上顎の歯槽骨部分の拡大をはかり前歯の被蓋関係を改善することを主とした。
 下顎の歯列の状態や骨格形などから、第二段階の治療では非抜歯とすることを意識して第一段階の治療を組み立てた。
 永久歯列期において最終判断をするが、この症例では非抜歯を通した。咬合状態はほぼ満足すべき状態であるが、口唇周辺の軟組織の状況からすると抜歯・非抜歯のボーダーラインケースではある。

 模型上では1級の下突咬合であるが、上顎のアーチが下顎に比べて著しく小さい。
 欠損乳歯が多く、とくに上顎では歯列崩壊が著しい(3)。Path of closure で下顎はやや前方へ誘導される。骨格形においては咬合状態にみられるほど不調和ではない(5)。
 乳歯早期喪失の影響が、強く形として現れた結果と判断された。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療後 After Treatment

治療経過 概要

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療前後の比較(セファロの重ね合わせ)

青ライン 初診時 3-10-’79

黄ライン 第1段階治療終了時 6-10-’80

黒ライン 第2段階治療開始時 8-31-’81

赤ライン 治療終了時 10-11-’83

緑ライン 保定終了時 9-7-’85

治療結果

治療経過 Progress

保定 After Retention or During Retention

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

患者情報 Classification of Occusion
咬合分類とコメント 下突咬合、過蓋咬合、非抜歯
治療開始時年齢・性別 8歳7ヵ月 ・ 女性
動的治療期間 1st Phase trt. 1年1ヵ月    2nd Phase trt. 1年9ヵ月