Ⅱ級2類の過蓋咬合、上下顎とも叢生は顕著で顎と歯牙サイズとの間でdiscrepancyが大きい症例

治療担当者:与五沢 文夫 よごさわ歯科矯正

叢生歯列弓 両後退歯列 下後退顎 過蓋咬合

治療前 Before Treatment

顔貌

口腔内

治療後 After Treatment

顔貌

口腔内

治療前 Before Treatment

治療方針

Ⅱ級2類の過蓋咬合、上下顎とも叢生は顕著で、顎と歯牙サイズとの間でdiscrepancyが大きい症例。
上下顎の前後的ズレが大きい、口唇は引き締まっている。
上顎4前歯は下顎前歯を深く被うように舌側方向へ押し付けられている。

治療方針としては、年齢的に発育の利用はできず、またⅡ級の状態が強く叢生も著しいことから上記抜歯をおこない、ヘッドギアを用いて上顎第一大臼歯の遠心移動をおこなった。上顎第三大臼歯を第二大臼歯の代用とした。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療後 After Treatment

治療経過 概要

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療前後の比較(セファロの重ね合わせ)

黒ライン  初診時    2-15-82

赤ライン  治療終了時 7-27-85 

治療結果

治療経過 Progress

保定 After Retention or During Retention

保定終了時 3-26-’88

治療終了後 2年8ヵ月
治療開始後 5年8ヵ月

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

患者情報 Classification of Occusion
咬合分類とコメント 過蓋咬合、下後退顎、両後退歯列、叢生歯列弓
抜歯部位
7 4 4 7
5 5
治療開始時年齢・性別 19歳6ヵ月 ・ 男性
動的治療期間 3年0ヵ月