治療前 Before Treatment

顔貌

口腔内

治療後 After Treatment

顔貌

口腔内

治療前 Before Treatment

治療方針

主訴は歯並びと噛み合わせの改善。
治療目標は下突咬合及び叢生歯列の改善。
前歯の咬合状態と叢生歯列の改善の為、第一小臼歯4本を抜歯して、治療を行った。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療後 After Treatment

治療経過 概要

治療経過の概要
患者さんは、前歯の噛み合わせと、歯並びの改善を希望して来院した。上下顎とも顎骨と歯牙の大きさに不調和があり、前歯の被蓋は反対で叢生が認められた。前歯の咬合状態と叢生歯列の改善の為、第一小臼歯4本を抜歯して、治療を行った。

患者さんの協力が得られたので、予定した治療期間よりも早く動的治療を終える事ができた。治療後には、下口唇の突出感が改善された。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

治療前後の比較(セファロの重ね合わせ)

〈左セファロ〉
治療前後のS-SNでの重ね合わせ(黒線は26歳3ヶ月、赤線は27歳9ヶ月)

〈右セファロ〉
治療前後の上下顎骨及び軟組織の重ね合わせ(黒線は26歳3ヶ月、赤線は27歳9ヶ月)

治療結果

上下前歯は後退している
上下臼歯は近心に移動している
下顎骨は僅かに時計回りに回転している
下唇の突出感は軽減している

治療経過 Progress

保定 After Retention or During Retention

右下1及び2が動いているが、患者さんは気にならないとの事でした。
第三大臼歯の抜歯を勧めたが、同意を得られなかった。その他に特筆する様な変化は認められない。

顔貌

口腔内

模型

セファロ

パノラマ

患者情報
咬合分類とコメント 下突咬合
講成咬合位をとる事が可能で、下顎骨は前歯部の咬合により僅かに前方に誘導されている。(pass of closure)
抜歯部位
4 4
4 4
治療開始時年齢・性別 26歳4ヶ月 女性
動的治療期間 1年5ヶ月

過去の研究大会 過去の講習会