矯正歯科について

前の記事:矯正治療を始める時期 現在の記事:治療方法と装置 次の記事:矯正治療のゴール

治療方法と装置

矯正の治療法(エッジワイズ法)

今まで歯を動かすために様々な矯正の装置が用いられてきましたが、現在主に用いられている方法はフルブラケット法(マルチブラケット法、ダイレクトボンディング法、エッジワイズ法などとも呼ばれている)といい、歯の表面にブラケットという装置を接着して、そこにアーチ型のワイヤーを組み込んで調節していく方法です。
これは装置を装着する場所によって、以下の二つに分けられます。

歯の内側(舌の側)に着ける方法 ・・・・ リンガル装置

歯の内側に着ける方法(リンガル装置)は、治療中も装置がほとんど目立たないことが最大の特徴です。
しかし、外側に着ける方法に較べて治療期間や治療費がどちらも約1.5倍以上かかることと、内側からでは治療が困難で完全に治せないこともあり、推奨していません。
メリットとデメリットをよく理解した上で選んでください。

歯の外側(唇の側)に着ける方法 ・・・・ 一般的に用いられる装置

歯の外側に装置を着ける方法は、一般的に用いられている方法です。最近ではより目立ちにくくするために、金属色ではなく白や透明の装置も用いられるようになってきています。

さらに、この外側に着ける方法は以下の二通りに分けることができます。

少し難しい話になりますが、きれいな歯並びは前歯から奥歯(臼歯)にかけて連続的に並んでいますが、歯の外側(唇側)の面はどの歯も同じ形や同じ向きで直線的に並んでいるわけではなく、個々の歯によってかなり異なります。
そこで、きれいな歯並びに並べるためには、断面が丸や四角いアーチ状のワイヤーを歯の表面の凹凸や前後左右的な傾きなどに沿って三次元的に精巧に曲げていく必要があります。
このようにそれぞれの歯の表面の形に合わせてワイヤーを曲げて治療していく方法をスタンダードエッジワイズ法といいます。これには相当の技術やセンスが必要とされます。

そこでできるだけ簡素化するために、歯に着ける金具(ブラケット)にきれいに並ぶための平均的な凹凸や傾き、角度(ねじれ)などをすでに組み込んでおき、既成のアーチ型のワイヤーを入れればほとんど曲げないでいいように工夫された方法をストレートワイヤー法といいます。
その簡便さ(治療する側にとって)も手伝って急速に普及してきているやり方です

実は、一見すると進歩的な方法に思えるストレートワイヤー法には極めて大きな欠点があります。それは、ブラケットに組み込まれた凹凸や傾き、角度(ねじれ)などがあくまでも平均値的なもの(標準値)であるということです。
歯は個人によってその大きさ、形、はえ方などが全く異なり、場合によっては同じ人でも左右で異なることもしばしば見受けられます。
そこに平均値を基に作られた装置を用いても、それぞれ個人に相応しい状態では並ばないことになり、治療結果も不十分になる可能性が高くなります。満足のいく治療結果を得るためには、最終的には結局スタンダードエッジワイズ法と同様に、ワイヤーに三次元的な曲げをいれて調節していく必要が生じてくるのです。

しかも、現在市販されているストレートワイヤー法のブラケットは、驚くべきことにそのほとんどは白人(アメリカ)の歯の平均から導かれた標準値であり、人種の異なる日本人とは歯の形態がかなり異なるため、適していません。さらに、実際に販売されている標準値のパターンは1~数種類しかなく、一層適合し難くなっています。
また、歯の表面は平らな平面ではなく、不均一に彎曲していますので、歯のどの位置(高さ)にブラケットを接着するかによっても数値が異なってきてしまったり、捻れて着けてしまった場合も同様で、誤差が生じやすくなっています。

矯正治療は、治療を受ける患者さん各々において、フルオーダーメイドの治療であるべきです。その意味では、現在の矯正治療法の中でスタンダードエッジワイズ法が最良の方法であると考えています。

前の記事:矯正治療を始める時期 現在の記事:治療方法と装置 次の記事:矯正治療のゴール